沖縄県内のスポーツ情報をいち早くお届けする情報配信サイト!!

2018/01/14

【九州各県サッカーリーグ決勝大会】沖縄県代表・沖縄SV初戦突破

九州各県サッカーリーグ決勝大会1回戦(福岡フットボールセンター)

前半でハットトリックを記録した沖縄SV・FW小畑賄人(中央)

2018年シーズンの九州リーグ昇格をかけた「第41回九州各県サッカーリーグ決勝大会」の1回戦は13日、福岡フットボールセンターで4試合が行われ、沖縄県代表の沖縄SVは三宅クラブ(福岡県代表)と対戦。FW小畑賄人 のハットトリックなど5得点を挙げた沖縄SVが5−0で勝ち、初戦突破を果たした。

前半、小畑のゴールで先制した沖縄SVはその後、小畑が立て続けにゴールネットを揺らし前半でハットトリックを達成。3−0で折り返す。
後半に入ると、監督兼選手の高原直泰と佐藤元紀の両FWが追加点を決め、勝負を決定付けた。

九州・沖縄各県の代表8チームが集まり、トーナメント戦によって九州リーグ昇格が決まる本大会。14日の準決勝に進んだ沖縄SVは午前10時からの試合でMD長崎(長崎県代表)と対戦。試合に勝利すれば、大会上位2チームに与えられる2018年度九州リーグへの昇格が決まる。

 

 

試合後コメント

相手に囲まれながらプレーする沖縄SV・高原直泰(左4人目)

沖縄SV・高原直泰 監督兼選手

「 沖縄SVにとって非常に大きな意味のある大会なので、選手には年末年始も返上してトレーニングに励んでもらった。いい準備をして臨むことができた結果だと思いますし、結果には心から『よかった』と感じています。
あす(14日)の準決勝と決勝は、もちろん今日以上に大きな意味を持つ試合になります。九州リーグ昇格に向けて今一度、気を引き締めてチーム一丸となって立ち向かっていきたいと思います」。

 

文:仲本 兼進
写真提供:沖縄SV



PAGE TOP