沖縄県内のスポーツ情報をいち早くお届けする情報配信サイト!!

2018/01/23

沖縄のアラフォー世代の戦いが熱い「ゆいまーるファイト」

立ち技の見せ場でもあるハイキック

大みそかの風物詩となっている格闘技。彼らは全国放送で行われる試合を通して全国的な知名度をつかんでいる。テレビで放送されるような選手たちは、高額なファイトマネーをもらい、生活の糧とできる「プロ」の選手も多い。

その選手たちに憧れて自らの強さを磨く者たちが沖縄にもいる。しかし、全国区の「プロ」になれる選手は一握り。いつしか現実と向き合い、身体を鍛えるだけではなく、「生活」と向き合うために夢を追う速度を緩めた者たちがいる。しかし、彼らは夢を追うのを止めたわけではない。リングに立ち、観客の視線を浴びて、日々の修練を発揮できる場所を欲し、いつかは夢に向き合える期待を頂いている。

 

 



汗しぶきが飛び交うほどの応酬が繰り広げられる

そんな彼らはいつしかアラフォー世代と呼ばれるようになっていた。

戦いの場が彼らの表現の場なのである。リングだといつもと違う自分が出せる。年齢を重ねた彼らには戦いを求めるだけではなく、戦いを通して地元・沖縄を盛り上げたいという思いが生まれていた。

そんな思いから彼ら自らが、輝ける戦いの場を作った。昭和52年生まれの「昭和52會」が中心となり、昭和50年生まれの「S50うさぎ会」がサポートして形にした。同じ年代の者達が立てる場所。悔しさも苦しさも、未来を思う気持ちも同じ思いを持った者たちが作り上げたもの。それが「ゆいまーるファイト」である。

(「ゆいまーる」とは、沖縄の言葉で「相互補助」、「助け合い」という意味)

 

 

総合ルールでは寝技の攻防も繰り広げられる

昨年3月12日に豊見城市民体育館で行われた第1回大会の会場には豊見城市長と近隣の各市町長が訪れた。試合では那覇市議と糸満市議の試合も組まれた。この大会の収益の一部を沖縄県青年団協議会と、大会を手伝ってくれた浦添の各青年会に寄付することで地域振興に役立てた。ただの格闘技大会ではなく、地域に対する ”ゆいまーる” を広める大会であることを、しっかりアピールした。この大会は、県内民放3局、県紙2紙が取り上げるほど注目された。

 

メジャー大会かと思わせる入場シーンは、大会の見どころの1つ

試合では15もの対戦カードが組み込まれ、選手の入場はテレビの世界さながらに豪華で、見せ場となっている。試合は熱く、立ち技や寝技の攻防、金網を使った攻撃・防御、観客へのパフォーマンス、勝者と敗者のコントラスト、試合後にお互いを讃える抱擁と、素晴らしい試合が繰り広げられた。

何よりもアラフォーの男たちのメッセージが多々あった。全ての選手が「この大会を行えたことに感謝」し、「チケットを買って来てくれたお客さんに感謝」し、「家族やコーチに感謝」し、「対戦相手に感謝」した。アラフォーだからこそ今やれていることへの思いが深い。中には「この大会のオファーを受けてからトレーニングして20kgの減量に成功した」選手もいた。”この歳だからといって諦めるな、やれると思ったらできる”とすべての選手が訴えているようだった。県外から来てくれた選手は「沖縄の英雄に勝てて嬉しい」とリスペクトも示した。1500人もの観客が選手たちを応援し、盛り上がりを見せた。初回としては成功といっていいだろう。

この第1回大会の詳細は、公式Facebookページにて結果とともに見ることができる。

 

この大会の第2回が2月4日(日)に宜野湾市体育館で行われる。今回は21試合が組まれる予定だという。それだけ選手も注目し、出てみたいと思う大会ということだ。第1回大会のメインに出場した松田選手は東京でジムを開き、この大会に選手を送り出してくる。女子の試合や米軍所属の選手との国際試合も組み込まれる。このことだけでも、大会が確実に進化していることがわかる。

熱い戦いが繰り広げられるのは間違いない。地元に対する思い、格闘技に対する思い、明日また頑張ろうという気力。是非、会場に足を運んでその熱気を感じ取って欲しい。

<ゆいまーるファイト Vol.2>

2月4日(日)宜野湾市民体育館

13時開場/14時試合開始

SRS席:6000円(SOLD OUT)、RS席:4000円、2階席:2000円(高校生以下無料)

チケット問い合わせ先:KC 070-5411-5267 【協力】GFC実行委員会

 

Facebookページ:「沖縄 ゆいま〜る ファイト」で検索

 

(文・写真) 屋良尚平

1973年生まれ 那覇市出身 東京でスポーツ新聞社に15年勤務した後、沖縄に戻り那覇市内でスポーツバーを4年経営。閉店後はフリースポーツライター・カメラマンとして県内スポーツの活性化を目指す。そのかたわら、システムコンサルタントとしてシステム構築や導入のアドバイスを行う。



PAGE TOP